武蔵野たぬきの日々是好日

武蔵野に住む30代半ばの一児の父。 普段は大学のスタッフとして働いています。 好きが高じて野菜ソムリエプロの資格を取得した「自称 日本一野菜に詳しい大学職員」。なれない子育てに妻と一緒に奮闘しながら楽しく、一日一日を大切に過ごすことを心掛けています。

オシドリのオスはイケメン?ダメンズ?

母の探鳥録、第2弾。

松本市にあるアルプス公園のオシドリです。

f:id:ak-act1-scene5:20181102212343j:image

 

f:id:ak-act1-scene5:20181102212405j:image

 

f:id:ak-act1-scene5:20181102212415j:image

 

f:id:ak-act1-scene5:20181102212436j:image

 

f:id:ak-act1-scene5:20181102212450j:image

カラフルな方がオスで地味目な方がメス。

「おしどり夫婦」というだけあって、つがいはとても仲良し。

 

イケメン夫が控えめな奥さんをエスコートして、他のオスがちょっかい出そうものな身を呈してお守りし、激しく攻撃をしかけて全力で追っ払う。

奥さんの毛繕いまでしてあげる献身っぷり。

 

だけど、だけど…

 

 

 

 

オシドリのオスって子どもが生まれたら、子どもと奥さんほっぽって新しい恋人を探しにとっとと家出しちゃうんだって!

 

しかもあの綺麗な羽根も恋人探しの期間限定。

家出をしたらイケメンでもイクメンでもなくなり…でも年明けするとまた綺麗なドレスを身に纏い、(新しい)恋人との熱愛を楽しむんだそうな。

 

だけど、これで上手くまわっているのがオシドリの世界。

愛の形、家族の形は人もトリもそれぞれなんですね(^^)