三十路たぬきの日々是好日

大学で働く三十路の多趣味男が、仕事や事実上事実婚状態の事実に苦悩しながらも前に進もうとする日々を素直に綴っていきます。教育、仕事、マインドフルネス、事実婚、趣味のお話などなど

クリスマスまでに彼女を作るために足掻いた話

もうすぐクリスマス!

パートナーがいる人はデートやらプレゼントやらに想いを巡らせ、そうでない人はなんとかパートナーをつくらんと意気込んでいるのではないでしょうか。

 

今は一緒に暮らすパートナーがいる私ですが、彼女と付き合うまでにいろいろ足掻いてました!なにせ6年くらい彼女がいなかったから!

 

今日は彼女をつくろうとしていろいろ足掻いた当時のお話。

少しでも何かの参考になれば幸いです。

 

とりあえず、合コン!

f:id:ak-act1-scene5:20181201203627j:plain

「彼女、絶賛募集中」と職場で吹聴していると気にかけた先輩や、同じく彼女をつくらんとする同僚が頭数をそろえるためにと合コンに誘ってくれました!

当時はお誘いいただいたらとりあえず行っていましたね!

大体男女とも3;3か4;4が多かったです。

これまで合コンで来てくれた女性陣の職業は教師・看護士・銀行員・受付・家事手伝いなどなど…

知らない女性とお話するのは緊張するけど、ウマが合う人がいるとやっぱり盛り上がるし楽しかったですね!男女ともに盛り上げ上手がいるかどうかがポイントになります!

合コンの辛いところは、女性陣の期待値が最初の3分でなんとなくわかってしまうこと。

「あ、ないな」と思われたことが最初の3分のテンションでビシビシ伝わって来てしまうんです。こうなると負け戦が濃厚。ですが男性陣は漢気を見せる義務があります!

なんとかそこそこ盛り上げて、無難に会を終わらせるのですが、残念ながら、次に繋がることはあまりありませんでした。

でも、いろいろな職種の女性とお話できる機会なので、お酒の力も借りつつ、他業種の面白い話を聞くことが出来たのは大きなメリットでした。

 

マッチングアプリを使ってみた

f:id:ak-act1-scene5:20181201203650j:plain

いわゆるマッチングツール。相手の写真やプロフィールをみて、気になる人がいたら「いいね」を贈り、相手もこちらに「いいね」を贈り返してくれたらマッチング成功!というよくあるヤツです。

これまでに3種類のアプリを使って、3~4人に実際にお会いしたことがあります。

正直、「いいね」を贈るのは超気軽です。ですが人気のある女性には数百から数千の「いいね」が贈られているのでとんでもない超高倍率の戦いになります。

やってみて感じたのが「しょせんは外見の世界」だということ。

写真写りが抜群によかったり盛れている写真をあげている人にやはり人気は集中します。

 

タイプはなんとなくですがプロフィール欄は

  1. キラキラ・キレイ目港区系女子 
  2. 趣味はカメラ・フェス・カフェ巡り女子 
  3. 旅行大好きバックパッカー女子
  4. 美味しいもの・美味しいお酒好きです女子
  5. 使い方よくわからないけどとりあえずやってみた女子

に分かれる気がします(独断偏見)。

 

プロフィール内容がみんなこんな感じだからあとは見た目判断にならざるを得ない…

実際にお会いしたこともありますが、写真と別人のような人が来たことも正直ありますし、かなり個性的な方もいらっしゃいました。

カフェに行こうとお誘いして、アイスコーヒーが提供されると同時に「ズーッ!」と飲み干して「次はどこにいきましょう?」って言われたときは面食らったw

マッチングできたからと言って過度な期待は禁物であります。

 

婚活パーティーにいってみた

f:id:ak-act1-scene5:20181201203716j:plain

毎週、どこかで必ず開かれている婚活パーティ。私も3回ほど単身で挑戦したことがあります。年収別や職業別、年代別といったものから体験型のものまで今や相当バリエーション豊かです。大体、男性の参加費が5,000円~数万円と高く設定されている一方で、女性の参加費はワンコインから5,000円程度が相場でしょうか。

私が参加したのは自分と同年代が集まる一番シンプルなタイプ。「パーティ」とはいえ、飲食があるわけでもなく、さながら「一斉面接」といった内容でした。

 

流れはこうです。

まず男女が1組毎に向かい合って座り3分間のアピールタイム。予め書いておいたプロフィールシートを交換して、自己紹介や相手に質問をします。3分経ったら男性は一つ隣の席に移動し次のお相手と3分間のトーク。参加者が15:15だった場合これを15回繰り返します。

まさに自己PRの千本ノック!

相手によって話題を選び、時には押して、時には引いての駆け引きを1時間繰り返します。

私は初対面時の沈黙恐怖症なので、とにかく喋りまくった記憶があります。

 

そしてようやく一周したら、次は1タームあたり15分のフリータイム。気になる人に自由に声をかけてアピールしてくださいって時間です。

運良く狙った人のイスをゲット出来れば良いですが、そうでなかった場合は男女共になかなか辛い時間です。

 

これまで参加してみて感じた女性メンバーの様子は…

  1. 真剣に恋人を探しに来ている前のめりな女性
  2. 友達のツレです。
  3. パーティのベテラン。男性を観察してくる面接官タイプ

って感じでした。

 

男性は

  1. なんとしても彼女つくりたい!
  2. 女性と話した経験あんまないだろ!
  3. 意識高い系IT社長風

って感じかな…独断と偏見であります。

 

フリータイムの後はマッチングシートの提出です。お付き合いしたいと思う相手を3人まで選び、これが男女ともにマッチしたらカップル成立というわけ。ただこれ必ずしも3人書かなくても良いんですよね。

是非付き合いたいって人が3人いたならいいですが、ひねり出しての3人なら書かない方がいい。仮にマッチングした時に少し申し訳ない気持ちになります。

私は2回マッチングしたことがあります。その後何度かお会いしましたが、自然とフェードアウト…長く続きませんでした。

 

まとめ

 結局当時は、クリスマスまでに彼女をつくることは叶いませんでした。

でもいろいろな方に会えたのは良かったし、社会見学って思えば面白かったかな。

今いる環境で新しい出会いが望めないのであれば新しいコミュニティに飛び込んでいくか、私が試したような出会いを求めているひとが確実に集まっている場へ乗り込んでいくしかありません。

良い出会いがあればラッキー。そうでなくても良いお勉強になります。

少なくとも私はそう思うようにしています。

皆さんにも良い出会いがありますように・・・