三十路たぬきの日々是好日

大学で働く三十路の多趣味男が、仕事や事実上事実婚状態の事実に苦悩しながらも前に進もうとする日々を素直に綴っていきます。教育、仕事、マインドフルネス、事実婚、趣味のお話などなど

水引でピアスをつくってみた

クリスマスのプレゼントに何が欲しいと彼女に聞いたらアクセサリーが欲しいという。

 

そういうわけなら、ということで良さげなネックレスをデパート(死語)で選んで買ってきたのだけど、「あらかじめ何が貰えるかわかってしまうとチョッピリワクワクにかけちゃうなぁ」と贅沢なことをおっしゃる。

 

お金かけなくていいから、プラスワンの何かが欲しい、と。

 

渡す演出か、タイミング、はたまた実際にプレゼントをプラスワンするか。

色々と考えられますけど、なかなかキザな渡し方とか思いつかないしなぁ…とモノをプラスワンすることに。

 

せっかくだから、趣味を活かしてつくってみよう!とピアスをつくってみました!

 

ちょっと前に水引細工にチャレンジしてみたことがあって、材料の水引も自宅にあったので、ちょこっとパーツを買い足して、水引のピアスに挑戦です。

 

f:id:ak-act1-scene5:20181217194810j:image

 

f:id:ak-act1-scene5:20181217194825j:image

2種類つくってみました!

彼女が着物女子なので、着物を着た時の耳元に合うといいのですが。

 

本体は、水引細工で基本の結び方の一つである「あわじ結び」で、結びの下の輪を広くとり輪っかのようにします。

そして、中央に揺れる飾りとして緑の方にはコットンパール、赤の方にはガラス瓶の中に極小の折り鶴を入れてみました。

f:id:ak-act1-scene5:20181217194836j:image

材料はこんな感じです。

 

[共通]

  • 水引
  • フックピアス
  • カツラ 内径3.3mm

[赤]

  • ガラス瓶キャップ付 丸型12mm
  •  Cカン 0.6*3mm

[緑]

  • コットンパール 10mm
  •  Tピン 0.7*35mm

f:id:ak-act1-scene5:20181217202403j:image

ガラス瓶の中に入れた折り鶴は一片が10mmの紙で折りました。

 

あわじ結びの形を整えるのに気をつかいますが、そこまで難しいものではありませんでした。

 

あとはこれを然るべき演出を一応考え、お渡しすると…

 

果たして…